イチロー選手のような天才を育てるには

野球教室

イチロー選手のような天才を育てるには

from津野 逸平

皆さんこんにちは。

先日、イチロー選手が引退をしましたね。イチロー選手は私の青春時代のヒーローであり、当時の野球少年みんなの憧れでした。

当時イチロー選手はオリックスバファローズという球団に所属しており、1本足打法と呼ばれる打法で大活躍をしていました。(私も真似をしてバッティング練習なんかをしていました。笑)

そんなヒーローが引退をする時を迎えるなんて、時代の流れを感じずにはいられませんね。

今回は、そんなイチロー選手のような天才を育てるためには何が必要か記事にしていきたいと思います。

コツコツ続けるメンタルが大切

皆さんはイチロー選手が何がすごいかと思いますか?

バッティング技術でしょうか?

レーザービームと呼ばれる強肩?

数多くの内安打を生み出した俊足でしょうか?

私が思うにイチロー選手の何がすごいかと言えば、コツコツと練習を積み重ねたメンタルだと思っています。

正直いいますと、練習以外に上手くなる方法はありません。

私のコーチング次回までの技術を習得できるよう、課題を出すのですが、課題をやってくる選手とやならない選手とでは成長度合いが全然違います。

コツコツ続けるには

コツコツ続ける、つまり練習を習慣化するには、下記のやり方があります。

1.誰かに習慣化するまで監督してもらう。

2.自分でもできる範囲(1日10分の素振りからなど)で小さなハードルを越えて行く。

3.上達意識の高い、コミュニティーに所属する。(強いチームは上手になることに関する空気作りから違います)

3日坊主でもいいからとにやくやってみる

一人で習慣化を行うのであれば、上記の2番がおススメです。

最初は3日坊主でもいいので、とにかく行動してみて下さい。3日坊主も10回続けると1か月分の練習量に相当します。

あまり張り切らずに、しかしハードルは下げ過ぎず、少し自分には高いなと思えるレベルを1つずつ乗り越えて行くイメージでコツコツ続けて下さい。

その積み重ねが、いずれは大きなスキルアップとなると私は信じています。