制球力を向上させるためには②~ステップ編~

皆さんこんにちは。チーフコーチの津野です。

今回は制球力の向上第2回目です。

制球力はピッチャーにとってもっとも大切なものです。

そもそもストライクが入らないと試合になりませんものね。笑

本は記事は学童野球(少年野球)や中学野球で下記のようなお悩みを持つ方向けに書いています。

・コントロールが悪い。
・毎回のようにフォアボールを出してしまう。
・初球はいつもボールになってしまう。

 

===================
ステップ足の使い方②
===================

ステップ足は投球動作を安定させる上では欠かせないものになって来ます。

ちなみにみなさんはステップする時のどのような足の入り方をしているでしょうか?

1、踵から?

2、つま先から?

3、足の裏全体?

正解はどれでしょうか?一度読むのを止めて、考えてみて下さい。

それでは正解です!

1番安定しやすいのは3番の足の裏全体で、ステップをすることです。

 

===================
なぜ足の裏全体がいいのか?
===================

理由はしっかりと踏ん張ってボールをリリースできるからです。逆に踵やつま先では踏ん張ってリリースできないですよね。
(ただし理由は他にもまだまだありますがここでは割愛させていただきます。)

投球動作で最終的に体重はステップ足に乗ることになります。(正確にはステップ足の股関節です)

なので、ステップを安定させないとリリースの瞬間にバランスが崩れ制球力も安定しません。

またそのような状態では速い球を投げる事も困難です。(その理由もおいおい解説していきますね!)

ステップする前までの投球動作が完璧でも最後の最後でバランスが崩れてしまうと全てが無駄になってしまいます。

なのであえて最初はステップ足の解説からしています。

 

=================
まとめ
=================

1.ステップは足の裏全体で行う。

P.S.制球力向上、球のキレ、球威。どれもエース級投手には必要な要素です。
もしどれか1つでもかけていると感じるのであればご相談下さい。

 

まずは無料体験からお申込み下さい!