ヘッドが下がるとはどういうことか?

野球/バッティング/スイング/ヘッドの高さ

from:津野 逸平

今回はバッティングでよく指導されるヘッドが下がるという事について解説して行きます。

 

=================
ヘッドが下がるとはどうことか?
=================

ヘッドが下がるとは、軸である背骨に対してバットの角度が90°より広くなっている状態の事を言います。

バットと軸である背骨の角度は90°が理想であり、この関係が崩れてしまうと様々なデメリットが生じます。

 

=================
90°じゃないとどんな
悪い事がおこるのか?!
=================

背骨とバットの角度が90°を保てていないとピッチャーの力強いストレートに負けてしまいます。

バットが90°より広い(ヘッドが下がっている)場合、ストレートに力負けすると内野フライとなってしまいます。

逆に90°より狭い(ヘッドが上がっている)場合、ゴロになってしまいます。

 

=================
90°が最も安定する角度です
=================

力づよいストレートに対しては90°で迎え打つことが力負けしない最良の方法となります。

背骨とバットの角度が常に90°になるよう素振りの時から気を付けて練習して行ってください。

ビデオなどで撮影し、背骨とバットの角度を確認してみましょう!