制球力を向上させるには④~グラブ側の腕の使い方~

皆さんこんにちは。チーフコーチの津野です。

今回は制球力の向上第4回目です。

今回は制球力向上のためのグラブ側の腕の使い方です!

前回までの下半身動作だけでなく、上半身の使い方をマスターしないと制球力は向上しません。

本は記事は学童野球(少年野球)や中学野球で下記のようなお悩みを持つ方向けに書いています。

・コントロールが悪い。
・毎回のようにフォアボールを出してしまう。
・初球はいつもボールになってしまう。

 

=================
グラブ側の腕の使い方
=================

結論からいうとグラブの側の腕はキャッチャー方向に真っすぐに向けるよう意識して下さい。

そしてここがポイントなのですが、腕を内側に捻って尚手首を曲げて且つグラブの甲がキャッチャーを向くようにグラブを突き出して下さい。

この動作はこれから投げる方向に狙いを定めるための動作で「エイミング」と言います。

狙いを定める事により、コントロールが良くなり制球力が向上します。

また、腕を内側にひねる事よりタメがしっかりと作れるようになります。

 

=================
下半身の動作ありき
=================

ただし、上記は下半身の動作が出来上がっていない状態で実践してしまうとフォームを崩してしまう恐れがあります。

なので、下半身の動作をしっかりとマスターしてから取り組むようにして下さい。

投球動作は下半身から上半身へと動きを連動させる動作です。

ですので初めから下半身の動きが正しくないと上半身の動きも正確でなくなり制球力が落ちます。

 

=================
まとめ
=================

1.グラブ側の手は内側にひねり、甲をキャッチャーへ突き出ししっかりと狙う!

P.S.制球力向上、球のキレ、球威。どれもエース級投手には必要な要素です。
もしどれか1つでもかけていると感じるのであればご相談下さい。

 

まずは無料体験からお申込み下さい!