狙い球の絞り方!

野球教室

狙い球/ミート/バッティング/野球/狙い球コツ

from津野 逸平

皆さんこんにちは。

今回は、狙い球の絞り方について解説して行きます。

打席に立つと良く、追い込まれるまで球を絞ってとか言われますが、具体的にどうすればいいのでしょうか?

球種で狙い球を絞る場合

一番オーソドックスな狙い球の絞り方は、球種で絞る方法ではないでしょうか?

しかし、球種で狙い球を絞ると狙っていた、球種が来た場合は打てますが、その他の球種には手が出づらくなるというデメリットがあります。

例えばストレートを待っていた場合、カーブが来たらタイミングをずらされてしまいますし、スライダーの場合は、打ち損じてしまいます。

また、ストレート以外の甘い変化球にも対応できなくなり、球種で狙い球を絞る方法はあまりお勧めしません。

狙い球はコースで絞る。

ではどのように狙い球を決めればいいかというと、コースで絞ればいいのです。

内角と決めれば、内角のストレート、変化球すべてに手を出せる体制を整えます。

そうすることよにり、ストレートを待っていても、相手の失投した変化球にタイミングをずらされることもなく対応できるようになります。

ようはどういう意識や心構えで狙い球を絞るかというところがポイントです。

ストレートに狙い球を絞るとストレートのタイミングでしかバットを振れなくなり結果として打率が下がってしまいます。

またよりこの方法で打率を上げるには、ストレート、変化球どちらにも対応できる打ち方をマスターしていることが必須となります。

ストレート、変化球の両方に対応できる打ち方は、今後の記事に書いていきますので楽しみにしていてください。

ぜひ狙い球の絞り方、だまされたと思って実践してみて下さい。