球威をアップさせる指先の使い方。

野球/ピッチャー/球威/ボールの回転数を上げる/キレ

from 津野 逸平

 

今日はリリースの瞬間の指の使い方を解説して行きます。

指先の使い方を覚えると、ボールの回転数がアップして伸びあるストレートが投げられるようになります。

 

=================
手首よりも指先を使う!
=================

以前、「投球、送球の際は手首を使ってはいけない。」という記事で説明した通り、手首を使ってしまうと、制球力や球の伸びが低下してしまいます。

ではどこを使うかというと、指先を使います

 

=================
指先は弾性力を使え!
=================

では具体的に指先をどのように使うかというと、リリースの瞬間ボールをデコピンするように弾く感覚で投げ下さい。

また、弾く方向ですがキャッチャー方向ではなく、地面に向けて弾く、または下に向かって弾く感覚が大切です。

そうすることにより、ボールに回転が効率よく伝わり伸びのあるストレートが投げられるようになります。

 

=================
球速よりも伸び(キレ)のある球を
意識する。
=================

ボールの回転数が多いとマグナス力という力が働きボールが落ちにくなる現象が発生します。

これはバッターにとっては厄介なことで、ボールが手元で伸びるように見えるためミートするのが難しくなります。

しかし、回転数が少ないとマグナス力が働かずボールにキレがなくなるので、いくら球速が早くてもバッターの手元に来るときには打ち頃の球になってしまいます。

 

=================
投手は握力が大切
=================

以上のようにボールのキレを増すには指先の使い方に気をつける必要があります。

また、握力が増すとボールへ回転を掛ける力が増すので、握力を鍛える事も投手には大切となってきます。