制球力を向上させるためには⑤最終回 ~投げる腕の使い方~

皆さんこんにちは。チーフコーチの津野です。

今回は制球力向上のシリーズの最後回です。

最終回は投げる手(以下スローイングアーム)の使い方です。

本は記事は学童野球(少年野球)や中学野球で下記のようなお悩みを持つ方向けに書いています。

・コントロールが悪い。
・毎回のようにフォアボールを出してしまう。
・初球はいつもボールになってしまう。

 

=================
スローイングアームの使い方
=================

スローイングアームの、使い方を間違うと制球力が落ちるだけでなく肘、肩への負担が大きくなり野球肘、野球肩になりやすくなります。

それでは、どのように使うのがいいのか?

それは、

・テイクバック
・トップ
・加速期~リリース
・フォロースルー

でそれぞれ使い方が異なります。

=================
テイクバックの時
=================

テイクバックの時は、肩と腕を内側へひねる動作が基本となります。これを肩を内旋させるといいます。

分かりやすくいうと手の甲と胸が同じ方向を向いている状態です。

こうすることによりスムーズなテイクバックが可能となり後々の動作もスムーズに動くようになります。

 

=================
トップの時
=================

トップとはトップポジションの略称でボールを持った手を、頭の後ろに持ってきた時の動作のことを言います。

ここで気をつけることは、ボール持った手のひらをキャッチー方向へ向けることです。これを肩を外旋させるといいます。

この手のひらが二塁法を向いていたり、右投手なら三塁、左投手なら一塁を向いているといわゆる担ぎ投げと言われる投げ方となり制球力も安定しません。

また担ぎ投げのは肩肘への負担が大きくなる投げ方ですので、お勧めできません。

 

=================
加速期~リリースの時
=================

いよいよ加速期は、肩を外旋させたまま体幹(体)を回転させます。

リリース直前で方を再び内側にひねり(内旋させる)ボールを持った手のひらがキャッチー方向へ向いた時にボールをリリースします。

キャッチー方向を向いた時に初めてボールをリリースします。

当たり前ですが、キャッチー方向を向かずにボールをリリースしては制球力は絶対に安定しません。

 

===============
フォロースルーの時
===============

この時は制球力には直接は関係ないのですが、ケガを予防するという観点から解説します。

リリースでキャッチー方向に手のひらを負けた後、さらに肩を内側にひねって内旋させてフォロースルーをします。

分かりやすくいうと小指が上を向く形が理想的です。

 

==============
まとめ
==============

以上がスローイングアームの使い方です。

まとめると
・テイクバック:手の甲が胸と同じ方向を向くようにする。
・トップ:手のひらがキャッチー方向を向くようにする。
・リリース:手のひらをキャッチー方向に向ける。
・フォロースルー:小指が上を向くようにする。

 

=============
いいかがでしたか?
=============

以上が制球力を向上させる5つのポイントです。

本来であれば選手のそれぞれに合わせたアドバイスをするのがベストであり正直言ってこれだけではなかなか制球力が向上しないという方もいらっしゃるかと思います。

しかし、こういう基本を抑えて地道にコツコツとやることが上手くなることへの1番の近道です。

ここだけを直せば魔法のように技術が上がるという事は本当に希です。

皆さんも正しい努力をして選手としてのステップアップしていってください。

P.S.今回の記事についてご意見を頂けると幸いです。今後の励みになります。

P.P.S. 制球力向上、球のキレ、球威。どれもエース級投手には必要な要素です。もしどれか1つでもかけていると感じるのであればご相談下さい。

 

まずは無料体験からお申込み下さい!