打球の角度を上げるためには~導入編~

皆さんこんにちは。チーフコーチの津野です。

皆さんはバッティングについてこのような事でお悩みでないでしょうか?

・バッティングでも常にゴロになってしまう。
・打ったボールに力がなく外野の球を超えない。
・転がすのは得意だが、打球を上げるのは苦手。

上記のようなお悩みの方に抜けて次回から5回に分けて打球の角度を上げる方法つまり長打を打てるようになる方法を書いていきます。

 

=================
今回から下記の5つについて
解説して行きます。
=================

1.打球の角度を上げるバックウェイト打法について
2.手打ちにならない軸足を使ったスウィングの方法
3.ピッチャーの球に負けない直角打法
4.非軸足のつま先の使い方
5.打球の飛距離を伸ばす割れ

上記5つについて解説して行きます。打球の角度を上げて長打を打つには投手が投げるボールの軌道にたいして平行にバットを振る必要があります。

投げるボールの軌道と平行にバットを入れる事によって、打球の芯を的確にとらえるミート力も上がります。

次回からはそのコツを5つに分けて解説して行きます。

 

=================
フライボール革命
=================

昨今メジャーリーグなどでは、フライボール革命なる物が注目しています。
フライボール革命とは簡単にいうとゴロを打つよりもフライを打った方がヒットになる確率が高いということです。

なのでどの選手もごぞってフライを打つための打撃練習に励んでいます。

もちろん足の速いイチロー選手のようなバッターはゴロ打った方が内安打になる確率も高くなり、結果打率も上がり、一概にフライを上げるのがいいとは言えませんが、逆に足に自信がなかったり、足の速さが並みの選手はフライを打つ子どで打率向上につながります。

 

=================
まとめ
=================

・打球の角度を上げるとヒットになる確率がぐんと向上する。

その為の方法は次回から解説して行きますので、楽しみにしていてください!

それではまた。

 

まずは無料体験からお申込み下さい!