投球時の肘下がりはこれで解消せよ!

皆さんこんにちは。代表の津野です。

今回は投球時に肘が下がる選手やお子さんに向けてブログを書きます。

 

=================
肘が下がるとどんなことが起こるか?
=================

肘が下がると一番起こるのは肩や肘の故障です。俗にいう野球肩や野球肘といわれる症状です。これらは厄介なもので一度ケガをしてしまうと、フォームを矯正しない限り故障癖になってしまう事もあります。

また肘が下がってしまうと球速の低下も起こります。投球動作は下半身で生み出したエネルギーを上半身へ伝え最後は腕へ伝わって行きます。しかし、肘が下がってしまうとエネルギーが腕へ上手く伝わら無くなってしまいます。

そして伝わらなかったエネルギーはどうなるかというと肩へ肘への負荷として残り故障の原因となってしまいます。肘が下がると本当にいい事はないですよね。

 

=================
ではどうやって解決するのか?
=================

肘下がりの解消方法はいくつかりますが、一番手っ取り早いのがボールを投げる腕の振りを矯正する事です。矯正のコツは気を付けして立った時、グローブ側の肘高さの腰へめがけて腕を振って下さい。

グローブ側の肘高さの腰を狙って腕を振ることで、自然と肘が上がる腕の軌道になり肘下がりの癖を矯正できるようになります。

 

=================
あとはひたすら反復練習
=================

今までの悪い癖というのはなかなか治らないものです。なので最初は上手く投げられなかったらりするかと思いますが、諦めずに根気よく反復練習してください。

そうすることで、ケガで苦しむ未来ではなくケガの心配なく思いっきり腕を振って投球できる未来を手にすることが出来ます。逆にいうとそういった未来を手に入れらるのは、諦めずに練習した選手だけなのです!