制球力を向上させるためには③~軸足の使い方~

皆さんこんにちは。チーフコーチの津野です。

今回は制球力の向上第3回目です。

3回目は制球力向上のための下半身の使い方の最後の章です!

投球動作は下半身から始まりますので、投球動作を行う要となる重要な部位です。

ぜひ身に着けて頂いてドンドンバッターから三振を奪ってください!笑

本は記事は学童野球(少年野球)や中学野球で下記のようなお悩みを持つ方向けに書いています。

・コントロールが悪い。
・毎回のようにフォアボールを出してしまう。
・初球はいつもボールになってしまう。

 

=================
軸足の使い方
=================

足を振り上げステップしに行くとき皆さんは重心を足裏のどこに置くよう意識しているでしょうか?

1.踵でしょうか?

2.つま先?

3.それとも足の裏全体?

上記の1~3を選んだ方は上手な体重移動が出来ません。笑

正解は上記のどれでもなく。足の内側。つまり母指球側に重心を載せるよう意識することが大切です。

 

=================
ステップの目的
=================

足を振り上げステップをする目的は体重移動によるエネルギーを生み出す為です。

その体重移動をブレずにスムーズに行う事で、制球は安定しますし、球威も増すというおまけもついてきます!

軸足の母指球側に重心を載せるとキャッチャー方向に自然と体重が移動するようになり。

よりスムーズな体重移動が可能になります。

この軸足の母指球側に重心を持っていくことを「エッジング」と呼びます。

 

=================
まとめ
=================

1.ステップするときの軸足は重心は母指球側に載せる事を意識する!

P.S.制球力向上、球のキレ、球威。どれもエース級投手には必要な要素です。
もしどれか1つでもかけていると感じるのであればご相談下さい。

 

まずは無料体験からお申込み下さい!