打球の角度を上げるためには~非軸足のつま先の使い方~

皆さんこんちは。チーフコーチの津野です。

今回は非軸足(非軸足とは右バッターなら左足、左バッターなら右足の事を言います)のつま先の使い方について解説して行きます。

本コラムは下記のような悩みをお持ちの方向けに書いています。
・バッティングでも常にゴロになってしまう。
・打ったボールに力がなく外野の球を超えない。
・転がすのは得意だが、打球を上げるのは苦手。
・強い打球が打てない。

 

=================
バッティングは腰で打つ!
=================

バッティングは腰で打つまたは下半身で打つということはどこかで聞いた事があると思います。では具体的にどういうことか説明できるでしょうか?

結論から言いますと、腰や下半身で打つとは骨盤を回旋(回す)ことによる動作の事を言います。骨盤を回旋させることでエネルギーを捻出できボールを遠くに飛ばすことが出来ます。では骨盤を回旋させるためにはどうすればよいのか?

それは今回のテーマである非軸足の使い方をマスターする必要があります。

 

=================
非軸足の使い方
=================

骨盤を回旋させるためには非軸足のつま先の使い方に注意します。ステップするとき非軸足のつま先を、反対側のバッターに向けスイング中もその方向をずっとキープします。(下図)

そうする事により股関節がしっかりと回旋し、力づよいスイングが出来るようになります。いわゆる腰で打つスイングです。

ちなみに骨盤を上手く回旋させられない事を回旋不良といい、骨盤の回旋不良を起こすと俗にいう手打ちに状態になってしまいます。

 

=================
まとめ
=================

非軸足のつま先は反応側のバッターボックスに向ける。(スイング中もずっと!)

 

P.S.あなたも一度個人コーチングを受けてみませんか?もしバッティングで「強い打球が打てない」、「ゴロしか打てない」、「レギュラーになりたい」、「4番になりたい」などありましたらまずはご相談下さい!

まずは無料体験からお申込み下さい!